top of page

SINGLE POST

おばあちゃんになっても、こんな日々がいい。

 

年末から、体調を崩していたので、やっと三連休に家族と「冬休み気分」を味わえました。

 


年末年始も、繋がっている人たちとのLINEのやりとり。

 

いつもなら、LINEが来たら、返信できるタイミングで開けて、心を整えます。

 

「静かなセラピストとしての感覚」と「まるで友人や家族のような親しくてあたたかい感覚」とを融合したところから、返信を書くのだけど、

 

なんだか、年末年始は、

「あれ?こんな感じやったやろか。」

 

…と、違和感がありました。

身体の調子が悪く、感覚がクリアじゃなくて、ピントがずれてるような。

 

なので、

「今、体調悪くて、精一杯の返信したけど、ずれてるかも」と素直に相手に伝えつつ、やりとりしていました。

 

どんな時も、プライベートの時間であっても、完璧であれたらいいけど、そうもいかない。

 

私にとっての完璧が相手にとっての完璧でないこともある。

 

どんなことも、そのままを受けいれて、素直に伝える。

 

 そして、整っていく。

 

そんなお休みの時間でした。

 

 

そして、本番であるセッションの始まる日には、心も体もしっかりと整って、

 

「100%」の自分を感じての2024年の仕事はじめです。

 

 

 

セッションが始まって、この3日間、どのセッションもかけがえのない時間。

感動の時間が続いています。

 


昨日の夕飯は、餃子だったのですが、

餃子を包みながら、それぞれの時間を思いだして、涙が止まりませんでした。

 

お話を聴いたり、絵を描いてもらったり、質問したりするうちに

 

 

ラジオの周波数が、すっと合うように

 

クリアなものに変化する。

 

そのスッと自然に合った時の瞬間。

 

 

「命」が、ぼわっと灯るような、その瞬間で出逢えたり

 


 

今まで、本人にとって「事実」だったこと。

それ以外の設定がないから、疑う余地もなかったこと。

 

視界を閉ざしていた厚い壁が、崩れる瞬間。

 

その人に、見えている景色が一変する。

 

 

「あれ?あ、そうか。これやったんや。これでよかったんや。」

「こういうことか。この感覚やったんか。」

 

と、大切なことを思いだし、その人の透明度が上がる瞬間。

 

それを思いだして、

一人で感動して、泣きながら餃子を包みました。

 



私は、その方人生に大きく影響するような「源流」にアプローチする。



 

小手先の対処ではなくて、

 

「大元のところに、何か詰まっているもの」

「どこか、滞って濁っているようなところ」

「ちゃんと『ある』のにいかされていないもの」

「人生のどこかで無意識に書き込んでいる『シナリオ』」

 

そこを感じ取って

 

「本来のその人の力を存分に発揮できる人生」にシフトチェンジをお手伝いしたい。

 

私は、粛々とこの時間をつなげていこう。


おばあちゃんになっても

なんなら、死を迎えるその日まで、こんな日々を過ごしたい。

 

 

そんな風に腹の底の底から思えています。


 

 

みなさんの力をもらって、私の力が湧いてきている今です。

 

これを読んでくださっているみなさんの心の灯りも、ぽわっとあたたかく灯る一日になりますように。

 

bottom of page