top of page

SINGLE POST

人生の現実 (連載 1/5)

  •  

今日からは、5話の連載です。



「誰かの助けになれば幸いです。」

と、このエピソードの紹介を

OKしてくださったクライエントさん


彼の心の旅のお話です。

 


大変なこともあるけれど

自分が「好き」と思えることを

お仕事にされていています。

 

温厚だけど

言うことは言えて

黙々と仕事のできる人。

会社にとって

とてもありがたい存在

そんな方だと思います。 

 

私の所に来る前や

来始めたころは

 

「人は、俺に不満をぶつけて

 俺を攻撃してくる」

 

「おまえなんか価値ない」

と言われた言葉が

頭の中で、反芻する。

 

それが辛い。

 

と、話してくださっていて

 

人生の長い時間、

彼の心と頭の中は

ここにエネルギーを使って

疲弊していたようでした。

 

誰かに

何かを言われたわけではなく

ご自身で

 

「やっぱり自分の人生

 このままじゃ嫌だ」

 

とネットで検索して

私のところに来てくださいました。

 

そこから

一つひとつ

彼の人生であったこと。


あのできごとや

このできごとについても

話してくださいました。

 

その人生の中で

純粋で、真面目な

小さな心に


大きな傷ができていったようです。

 


そして

「人は信じられない」

 

「自分は望まれない存在なんだ」



と、心に刻まれていったようです。

 

セッションでは

丁寧に

彼の心に棲む

その小さな彼たちと

出逢っていきました。

 

 

 そして、

どんなしんどさの中でも

 

「ちゃんと生きてきた彼」のことも

一緒に確認していきました。


 どんなことがあっても

どんな辛い気持ちでも

人を傷つけることなく


まっすぐに生きてきた彼


の力強さを確認しました。

 

 

私のことを

「この人なら信頼できる」と

感じてもえるようになってから


表情はやわらぎ

目の奥に少年のような

キラキラしたものが

見えるようになりました。

 

何度もセッションを重ねたころ

 

「前なら気になっていた場面でも

 人の目が気にならなくなりました」

 

と日常での変化の話を聞けていて

安心した暮らしに変換されていきました。

 

安定してきて

セッションの間隔も

半年に一度ぐらいになっていたころ

 

 

ふいに訪れた

 

家族の不幸

 

 

・・・本来なら

「悲しみ」や「喪失感」

を味わうのかもしれないけれど

 

彼の場合は、

これをきっかけに

家族と向き合うことになり

 

それ以上に

「自分自身」と

向き合うことになりました。

 

これが、彼の人生の現実。


 

人生、どんなことでも

「どう捉えるか」

ここで、人生が分かれていく。

 

次回は、

彼が、この人生の現実の中で


どう捉えて


自力で山を越えた

 

そんなお話をお届けします。

 

 

 *******


 

 ★『Home』オンライントーク

少人数でのちょっと深いお話会

月に2回 無料

 


★『Journey』オンラインワークショップ

月に1回 5500円/回

詳細・お申込み

 

 


★個人セッションのお問い合わせ・ご予約

 



 

Commentaires


bottom of page