top of page

SINGLE POST

無意識の罠

今日も、

セッションを始めてからの17年間

私を魅了し続ける

「心のお話」で感じる 心の不思議を

お届けします。

 

 

今回は、

「無意識の罠」

 

そして、

そこを抜けるためのヒントをお届けしますね。

 

※この記事に出てくるエピソードは

ご本人の承諾を得て記載しています。

 

それって本当?

 

相談しにきてくださる方が

「私、男運ないんです」

「私、自分の子どもをかわいいと思えないんです」

「私、人見知りで人といると疲れちゃうんです」

 

と話してくださることがあります。

たしかに

私自身も、自分がイメージする

理想の自分と違ったら

がっかりするし

 

そのことについて

どうしたらいいのか考えるけど

考えすぎて

うまくいかないループにはまることも

よくありました。

 

人に相談したり

SNSやネットから

あ、この情報良さそうと思って

試してみたけれども…

しっくりこない。

 

私のせいで

この子にも辛い思いさせてるんやろうな。

 

これから先も

こんな感じのままなのかと思うと

 

気が重くて

楽しみだと思えないなぁ。

…って、

「考え」がループして

エネルギーが消耗してしまっている人も

たくさんいるんじゃないかと思います。

 

そう。

もしかしたら、考えすぎてるうちに

そうだと思い込んでしまっていて

そうでないこととも

 

「私って、~~だっ」って

思っているかもしれない。

 

 

ここ数回お届けしてる

「パートナーシップが上手くいかなくて…」

 

の彼女も

「無意識の罠」

「超やり手の思考」

にすっかり撒かれている状況。

 

そこをスっと

鮮やかに抜けていきたいところなのです。

 

彼女の話のキーワードから

「お父さん」が気になったので

改めて、お父さんについて訊くと…

 

「記憶、ないです。」

って、特に表情もなく

たったの一言でした。

 

あれ?

今まで登場回数は、

激少なではあったけれど

なにかと話にはできてきてたのに…

 

答えた彼女も

きょとんとしてます。

 

 

そう、これは

「無意識の罠」

(って、勝手に名付けてます)

 

無意識は、自分の都合の良いように

記憶の出し入れをしているの。

今回のように「核心」を

つかれるような態勢に入ると

 

何事もなかったかのように

記憶を隠してしまう。

 

「罠」というと嫌な表現だけど

別の言い方をすれば

 

「生きるすべ」かな。

 

ちゃんんと理由があるの。

記憶をなかったことにする方が生きやすい。

真正面からの対峙を避けたい。

とかね。

 

そんな時は

 

思考を止めて、感覚に切り替える

 

たとえば、彼女の場合、

よくでてきたキーワードの 

 

「無関心」

「まるでいないように扱われる」

「話をちゃんと聞いてくれない」

「大切にしてくれない」

「私のせいにされる」

 

そう感じている時の

感覚を思いだしてもらって

その気持ちの色の折り紙を選んで

形も作ってもらいました。

 

読んでくださっている方の中で

こういう作業を

したことない人にとっては、

「え??感覚を折り紙で??」

って感じよね。

 

少し説明すると

 

その気持ちに色があるとしたら…

真っ黒?

それとも赤??

それとも紫かな??

 

みたいに、

どんな色だろうって想像してみるの。

 

そして、形があるとしたら…

 

ぎゅーーーっと握りつぶした感じ?

小さく小さく折りたたんで

これ以上畳めないぐらいにした感じ?

 

正解、不正解はない。

なんとなく…でOK

 

 

さぁ、目の前の彼女も

 

色を選んで

なんとなく形のイメージを作ろうと

ピりピリと破り始めたら

 

涙が止まらない。

ぽろぽろ、ぽろぽろ。。。

 

「なんで泣いてるんやろ」

と不思議そうに言いながら

悲しかったぁ。」

「さみしかったぁ。」

「褒めてほしかったぁ。」

と、涙と一緒に言葉がでます。

 

小学生の時に

感じないようにして

頑丈な箱の中に

ぎゅっと

押し込めていた気持ちが

ぽろぽろとでてきたようでした。

 

「考える」のではなく

「感じた」時

パカっと

 

心の奥の大切な箱が

あくことがある。

 

 

「感覚」が

まるで魔法のようだって感じるところ。

 

「感覚」は、

深層に直結しているので

こうやって

大切な感情を何十年の時を越えて

感じることができるのです。

 

 

みなさんも

何か気になる事や

気になる誰かのことを思った時

 

心がどんな状態なのか


何でもいいので自由に作ってみてくださいね。

 

ちなみに、折り紙は

ダイソーにある40色の折り紙が

おススメです。

(青は、青でもいろんな青が選べるから)

 

そして、

その「こんな感じかな」と思って作った

折り紙を自分の前に置いて

 

まるでインタビューするように

その折り紙の声を聴いてみてください。

 

きっと

あなたにとって大切なこと

心の奥の方から

伝えてくれるんじゃないかと思います。


 

誰かの心の旅の何かが

あなたの心の旅に

つながりますように。

留言


bottom of page