SINGLE POST

かえでとかえでの器

April 7, 2016

 

 


私たちの結婚式で
みなさまへのGIFTだった器。

あれから
うちの食卓にも
朝も昼も夜も、おやつの時も

かえで の器がたくさん並びます。




私の友人たちにも
ウイズマルシェでも
たくさんの彼女の器が、お嫁にいきました。


これからの人生もずっと
かえでの器で、食卓を彩っていこう。

って勝手に決めていたのに。


彼女が、先月、
急に、本当に急に
突然の病を患って
この世から旅立ってしまいました。


悲しいし
悔しいし
切ない


でも、彼女の器を
これからも、ずっと一生、大切にしていこうと思います。


彼女の器にご縁のあったみなさま
もしも、この文書も読んでいたのなら

どうか、大切に
その器を大切にしてくださいね。





「100均では買いたくない。
 かと言って
 作家さんのが欲しいけど、高くて買いにくい。
 そんな人に、使ってもらえたらいいな。」

使いやすくて、丈夫。
ありそうで、ない
素朴なのに、おしゃれな器。




かえでは、
‶切手"と〝相撲″と"鉄道″が好きで
私の知らないことをいっぱい知ってて

お料理も上手。
エビスビールを片手に、ササっと
ちょっと変わったおいしいものを作ってくれるのです。


夏休みに、ふらっと舞鶴までやってきてくれたり
うちの実家で、まるで家族みたいになじんで
ちゃちゃっとお料理してくれたり

大晦日には、鳥取の石井家で、
一緒にゴロゴロしたり
お料理してくれたり
紅白歌合戦の解説してくれたり


いっつも
荷物も、言葉も、すべてがシンプルで。

「悩むと体力使うでしょ。
 私、体力ないから、省エネで生きているの」

と、考えもシンプル。


とても魅力的で、大好きなかえで。



遺してくれた器と一緒に
かえでの生き方も大切にしていきたいと思います。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​© 2017 by Art Farm Proudly created with Mito Ohtaki

問い合わせ:京都府舞鶴市上安679-41 Tel: 080-4267-8600 Email: voll.herz@gmail.com

カウンセリング 不登校 悩み相談 舞鶴カウンセリング 京都カウンセリング